入院に関して

入院に関して

入院を控え何かとご不安なことと存じます。私達は、患者さんとご家族の方々のご意見・ご希望などをお聞き致しております。何かございましたら、職員に遠慮なくお申し出下さい。

入院する時にご持参いただくもの

efnhnfnaecikaaib

  • 保険証
  • 限度額認定証(お持ちの方)
  • 医療受給者証(お持ちの方)
  • 減額認定証(お持ちの方)
  • 退院証明書(3ヶ月以内に入退院のあったもの)
  • 診察券
  • 入院証書・保険外料金支払承諾書・同意書・介護チェック
<その他>
  • 下着類
  • 洗面用具一式
  • シャンプー
  • バスタオル
  • タオル
  • ティッシュペーパー
  • スリッパ、上履き(履き慣れたもの)
  • 湯呑茶碗
  • スプーン
  • 時計
  • 筆記用具
  • ガウン等、病衣の上に着るものがあると便利です。
  • TVのイヤホーン(売店にもございます)
  • 入院前までにお飲みになっていたお薬
  • お薬手帳

※入院中に他の医療機関を受診することはできませんので、お薬等がなくなった場合は、看護師までお申し出下さい。
(家族の方がお薬をもらいに行くこともできません)
※多額の現金・貴重品は盗難のおそれがありますので、ご持参なさらないで下さい。
※日常の現金については、ご自身で管理されますよう、お願い致します。
(床頭台のセーフティーボックスをご利用ください。)

入院中の生活について

朝 食 午前 7:30
昼 食 午前 11:30
夕 食 午後 6:00

※都合により多少前後します。ご了承願います。
※個人の箸、スプーン、湯呑茶碗等、ご自分で洗えない方はナースステーションまでお申し出下さい。

消灯時間 午後 9:00
入浴について 5D病棟以外は
月・水・金(男性) 午後 1:30 ~ 午後 6:00
火・木・土(女性) 午後 1:30 ~ 午後 6:00 になっています。
詳しくは、入院後に病棟でお聞き下さい。
面会時間 平日 午後 1:00~午後 8:00 / 日祝日 午前10:00~午後8:00
(ICU、MICU、新生児室は時間が異なりますのでご了承願います。)
※ご面会は、ディルームまたはディコーナーをご利用ください。
外出・外泊 医師の許可が必要となっています。ナースステーションに届出用紙がありますので、ご記入の上ご提出下さい。

非常口は、各病棟に案内がございます。必ずご確認下さい。

病衣のご使用について

病衣をご利用いただいた患者さんには、利用料として1日換算で60円(税別)をご負担いただくことになります。(原則、週3回交換致します。)
また、病衣が診療に適した形態であること等の理由から、病院から貸し出す病衣の着用をお願いしたいと考えております。
なお、患者さんご自身で病衣をご持参いただいても差し支えありませんが、診療・看護の都合上病衣の形態(パジャマ型、ガウン型など)についてご相談させていただく場合がありますので、ご了承願います。

院内でご利用できるサービス・施設

セブンイレブン(1階) 午前7:00~午後9:00
カフェレストラン
ビアンモール(1階)
月~金曜日第2・第4・第5土曜日/午前7:00~午後7:00
土曜日・日曜日及び祝日/午前9:00~午後5:30
セブン銀行(1階) 月~金曜日/午前7:00~午後9:00
公衆電話 1Fの電話室にございます。
携帯電話 携帯電話のご利用は、各階の電話室でお願いします。
洗濯機 ・ 乾燥機 1Fコインランドリー/1回:100円(税込)
カード式テレビ 各ベッド/1枚:1,000円(約1,200分)
カード販売機は各階にあります。できるだけイヤホーンをお使いください。
イヤホーンは売店でも販売しております。
カード式冷蔵庫 テレビカードで冷蔵庫がご利用いただけます。
カード精算機 売店にございます。
未使用分のテレビカードを精算致します。(売店営業時間内)
貸布団 有料でお貸ししています。/1泊:300円(税別)
(ナースステーションまでお申し出下さい。)
その他 パソコン・ラジオ・電気毛布等の貸し出しはございませんが、お持ち込みで利用される場合は看護師までご相談ください。

院内での携帯電話のご利用について

1.院内ではマナーモード(着信およびキー操作の消音)に切り替えてください。
2.携帯電話の写真撮影機能の使用はご遠慮ください。
3.通話は周囲の方に迷惑にならないように、マナーを守ってご使用ください。
4.入院患者さん以外の携帯電話への充電行為は禁止いたします。

<ペースメーカご使用の方へ>

電波環境協議会および総務省より、植え込み型ペースメーカ全機種における携帯電話の干渉距離を調査したところ、最大で15㎝であることが判明し、指針として22㎝離すことにより安全であることが発表されています。また、万一ペースメーカが使用中の携帯電話に接近して影響を受けた場合でも、離れることで直ちに正常に作動することが確認されていますが、不調を感じられた場合は、お近くの看護師にお申し出ください。

各種制度についてのご相談

1F患者サポートセンターにて受け付けています。(平日・・・午前8:30~午後5:00)

  • 医療費についてのご心配
  • 退院後のご心配
  • 各種援護制度について
  • 介護保険について 等

患者サポートセンターとは

患者さんご相談

1F患者サポートセンターにて受け付けています。(一般外来診療日の午前9:00~正午)

患者さん・ご家族の皆様が、「入院および外来で不明・不安・不満なことがあり、まず相談にのってほしい」ということがありましたら、患者さんご相談窓口でお話をうかがいます。また、専用用紙を用意しております。
時間外のご相談は、職員にお尋ね下さい。

患者サポートセンターとは

<セカンドオピニオンについて>

セカンドオピニオン(Second Opinion)とは、現在かかっている医師とは別の医師の意見・見解。
例えば、「手術をすすめられたけど、他に治療法はないか」など、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見を求めることです。
セカンドオピニオンについては、遠慮なく担当医または患者さんご相談窓口にご相談下さい。

学生等の見学・実習への協力依頼

  • 当院は医療関係者の育成に努めており、内外の医育機関の実習病院となっております。
  • 学生等が診療の見学・実習に来ますので、ご協力の程よろしくお願い致します。
  • 以下の学生の見学・実習を行っております。
    医師・薬剤師・看護師・臨床検査技師・放射線技師・理学療法士・救急救命士・メディカルクラーク 等
  • これについてのお問い合わせは各病棟看護師長までお申し出頂きますようお願い致します。

個人情報について

立川メディカルセンターでは、医学の進歩に貢献する医学研究(症例報告・学会発表・医学論文 等)において、患者さんから知り得た医療情報(個人情報)を個人が特定されない形で利用させていただく場合があります。

その他、ご了承いただきたいこと

諸事情により急にベッド・病室・病棟の変更、移動をお願いする事があります。また、緊急優先の方針から、検査日、手術日等の変更をお願いすることもあります。

禁止事項

  • 敷地内を含め、全館禁煙です。院内での喫煙、飲酒
  • 危険物(刃物、ハサミ、マッチ、ライター等)、アルコール類の院内への持ち込み
  • 個人情報保護の立場から、許可なく、院内での写真ならびに動画の撮影をすることを禁じます。
  • 無許可での外出、外泊
  • 暴言・暴力行為

※以上の場合は、退院とさせていただく場合があります。

転倒・転落防止へのご協力とお願い

このたびの入院にあたり、入院中におこりうる転倒・転落事故について、患者さんそしてご家族の皆様にも知っていただき、事故防止のためにご協力をお願いしたいと思います。
私達は転倒・転落を防ぐために日々努力をしていますが、実際の転倒・転落の事故が起きています。

◎転倒・転落事故が起こりやすい状況とは
□患者さんがもつ危険性
  • 自分の病状について受け入れが不十分なため無理に動いてしまうとき。
  • 平行感覚の障害や麻痺で立つ姿勢のバランスが不良のとき。
  • 足腰の筋力が低下しているとき。
  • 遠慮をしてナースコールをすることができなかったとき。
  • 環境の変化により痴呆症状が悪化したとき。
□病院の環境による危険性
  • 病院の床はPタイルのため水によるよごれ、清掃、ワックスなどで滑りやすい。
  • 固定されないベッドや床頭台や衣装ケースにつかまり、立ち上がるとき。
  • 段差や物につまずくとき。
  • 夜、消灯後、暗くなり視界が悪くなるため。
  • 熱があったり、眠れる薬を飲んでいたり、いつもの状態と変わっているとき。
◎次の点でご協力をお願いいたします
  1. これまで転倒・転落を起こしたことがある場合は、その情報を職員にお伝えください。
    (家で転倒された方は、また繰り返すことが多い)
  2. 状況によって落ち着かない場合には、危険防止のため十分な説明後、同意をいただいた上で、鎮静剤を使用したり、やむを得ず抑制することがあります。
    ※当病院では人権を守るため「抑制はしない」としておりますが、上記の状況においては転倒・転落の危険性があります。患者さんの安全のために、抑制する場合は、事前に、医師より抑制に関する同意書をもとに説明があります。
    ※なお、緊急時は、抑制を開始後にご報告をする場合もございますがご了承ください。
  3. 安全上、ご家族の付き添いが必要と判断した場合は、付き添いをお願いすることがあります。

その他

当院では、患者さんからの贈物は一切お断り致しております。
※不明な点がございましたら、職員に遠慮なくお尋ね下さい。