診療科・部門案内

歯科口腔外科

  • 概要
  • 診療実績
  • 医師紹介

科の概要

歯科口腔外科では口腔内のあらゆる疾患、顎骨、唾液腺、顔面、上頸部の外科的・内科的疾患の診断と治療を行っています。
口腔外科疾患としては、親知らずの抜歯から顎関節症、顎顔面のう胞(袋状の病変)、外傷、良性腫瘍、悪性腫瘍、口腔粘膜疾患、歯科心身症、奇形、各種症候群等の幅広い疾患に対応し、適切に各科と連携しながら治療を行っております。
有病者歯科治療は、種々の基礎疾患を持った患者さんの急性期観血的処置(抜歯、外来手術等)を中心に治療を行っております。急性期疾患治療を終えたお身体の健康な方や入れ歯、虫歯等のいわゆる一般歯科疾患におきましては、ご相談の上近隣の開業医の先生をご紹介いたします。
外傷等緊急を要する場合には、夜間、休日もオンコール体制にて対応しています。

特色ある治療

当病院の特色として特に心臓、循環器などの基礎疾患をかかえる方が非常に多いため細心の注意が求められます。そのため口腔外科症例では基礎疾患をお持ちの方も安心して手術ができるように厳密な対応を徹底しております。
また、基礎疾患をお持ちの方の全身重症感染症原因として一番多いのが歯性感染症(親知らずの感染、重度歯周病、神経が死んだ歯の感染等)です。時には歯一本で命にかかわる状態になる方もめずらしくありません。当科では、口腔外科症例のみではなく歯性感染コントロールに対しても迅速な診断のうえ症例に応じた適切な処置を行います。

対象とする疾患

  • 顎口腔顔面頸部領域の外傷(あごの骨折・歯の脱臼など)
  • 顎口腔顔面頸部領域の高度炎症(高度顎炎、蜂窩織炎など)
  • 顎口腔顔面頸部領域の悪性腫瘍(歯肉がん、頬粘膜がん、舌がんなど)
  • 顎口腔顔面頸部領域の良性腫瘍および囊胞(顎骨囊胞・乳頭腫・エナメル上皮腫など)
  • 難抜歯症例(埋伏している親知らず・過剰歯など)
  • 顎口腔の粘膜疾患(難治性口内炎・前がん病変など)
  • 顎関節疾患(顎関節症・顎関節脱臼など)
  • 唾液腺疾患(唾液腺炎・唾液腺腫瘍・唾石症・シェーグレン症候群など)
  • 開業歯科医院では対応不可の有病者歯科治療
手術室手術件数 平成26年度 平成27年度 平成28年度
全身麻酔症例 49 51 59
静脈麻酔症例 10 7 4
局所麻酔症例 2

所属医師紹介

田辺 啓太(たなべ けいた)

役  職 主任医長
専門分野 口腔外科・歯科一般
資  格 歯科医師臨床研修研修指導医
日本口腔外科学会所属
卒業大学 松本歯科大学(H8年卒)

坂上 雄樹(さかうえ ゆうき)

役  職 医員
専門分野 歯科一般
資  格
卒業大学 新潟大学(H24年卒)

大西  眞(おおにし まこと)

役  職 非常勤
専門分野 口腔外科全般(口腔がん、顎顔面外傷)
資  格 日本口腔外科学会専門医
卒業大学 新潟大学(S49年卒)