診療科・部門案内

リハビリテーション科

  • 概要
  • 業務内容
  • スタッフ紹介

概要

リハビリテーションとは『全人間的復権』を意味すると言われています。
当院では発症・受傷入院後、リハビリテーションの第一歩として合併症の予防・早期離床を目的にチームで早期に介入し、患者やそのご家族様が在宅・地域もしくは回復期病院などに安心してスムーズに移行出来るように各職種連携して行っています。

業務内容

早期のベッド上からリハビリテーション室だけではなく屋外に至るまで入院から退院に向けて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士らのチームが脳血管疾患、神経疾患、整形外科疾患や他の外傷性疾患、呼吸器疾患などの患者を対象に早期から行っています。

心疾患や動脈硬化症などの循環器疾患患者に対しても県内でいち早く導入し積極的に行っています。

理学療法

理学療法は、病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、基本的運動機能の維持・改善を目的に運動、温熱、電気、水、光線などの物理的手段を用いて行われる治療法です。

作業療法

作業療法は、身体または精神に障がいのある方に対して、生活していくために必要な動作や社会に適応するための能力の回復を目指した治療を行います。その治療手段の1つとして、様々な作業や手工芸を用いる事が特徴的です。

言語聴覚療法

言語聴覚療法は、発声発語機能、言語機能、聴覚機能、高次脳機能、摂食・嚥下機能など、主としてコミュニケーション機能に障害のある人に対して、検査、訓練および助言、指導その他の援助などの専門的関わりによって、対象者の機能の獲得や維持・向上を図り、生活の質の向上を支援することを目的としています。

スタッフ紹介

リハビリテーション科技師長 関口 義臣
理学療法士 9名
作業療法士 5名
言語聴覚士 2名

資格・認定

  • 3学会合同呼吸療法認定士:5名
  • 日本糖尿病療養指導士:1名