診療科・部門案内

泌尿器科

  • 概要
  • 診療実績
  • 医師紹介

科の概要

泌尿器科は、尿路(腎、腎盂、尿管、膀胱、尿道)と、男性生殖器(精巣、精巣上体、精管、精嚢、前立腺)、副腎の疾患を対象に、内科的治療、外科的治療を行っています。扱う疾患は、尿路性器癌(腎癌、腎盂尿管膀胱癌、精巣癌、前立腺癌)、副腎腫瘍(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫)、前立腺肥大症、尿路結石症、小児先天性疾患(停留精巣、水腎症など)、尿失禁などの婦人排尿障害、腎不全、神経因性膀胱、小児夜尿症、男性要因による不妊症、男性性機能障害、尿路性器感染症など、性別は問わず、小児から高齢者まで幅広い年齢層の患者、そして全身に影響する多彩な疾患を対象に診療しています。

特色ある治療

高齢患者さんが増加しており、種々の合併症をお持ちの方も多く、特に心血管系、脳血管系疾患、さらに慢性腎不全のため血液透析を受けている患者さんなどで、手術療法が必要な方については、他病院からの紹介が多く、循環器内科、腎臓内科、脳神経外科など、他診療科との連携により、安全に治療を行っております。また、出来るだけ術後の入院期間を短縮するため、看護スタッフ、栄養管理チーム、リハビリスタッフなどの協力を得て対応しております。

腎癌について

可能な限り低侵襲な手術として腹腔鏡手術を行っています。また、腎の外側に張り出した小さな腎癌については、腎機能を保存するため腎部分切除術を腹腔鏡手術を主体として行っております。さらに下大静脈や右心房へ進んだ高度に進行した腎癌については、心臓血管外科の協力のもと、体外循環を併用して安全な手術を行っております。転移性腎癌については、分子標的薬やインターフェロンなどを用いて、良好な成績を得ております。

尿路上皮癌(腎盂癌、尿管癌、膀胱癌)について

腎盂癌、尿管癌については、積極的に、腹腔鏡手術を行っております。膀胱癌については、内視鏡での切除(TURBT)が主体ですが、進行癌に対しては、膀胱全摘術および尿路変更として回腸導管を造設しております。さらに、進行した尿路上皮癌に対しては、抗癌剤治療を主体に行っております。

前立腺癌について

種々合併症を持つ高齢患者さんに対しては、必ずしも前立腺全摘除術が適当とは言えず、内分泌療法が中心となりますが、当科では放射線科の協力で放射線療法を積極的に行っており、手術療法と遜色のない成績を上げております。また、進行前立腺癌に対して、新規ホルモン療法や抗癌剤治療も積極的に行っております。

尿路結石について

現在尿路結石の標準的治療となっている、体外衝撃波破砕術は、新潟県下で当科が最初に導入しました。以後有数の治療経験を持ち、さらに内視鏡手術を併用して、良好な成績を収めております。

男性要因の不妊症について

他施設から紹介を受けた無精子症に対しては、不妊センターと共同で、外来手術としての精巣内精子抽出術(TESE)を行っております。

手術件数 平成26年 平成27年 平成28年
体外衝撃波結石破砕術件数(ESWL) 85 85 83
全手術数(外来前立腺生検、体外衝撃波結石破砕術を除く) 355 239 186
鏡視下腎摘除術 8 10 6
鏡視下腎尿管全摘除術 8 2 6
鏡視下腎部分切除術 7 2 6
腎部分切除術 0 3 3
根治的腎摘除術(下大静脈腫瘍栓摘除) 2(1) 0 0
鏡視下腎生検 1 0 1
鏡視下副腎摘除術 0 3 3
膀胱全摘除術 2 4 1
TURP 27 20 7
TURBT 61 55 65
TUL 23 20 18
高位精巣摘除術 2 5 7
精巣摘除術 5 2 2
DJ留置・交換 35 20 18
PNS留置・交換 2 7 5
膀胱砕石術 14 6 3
内尿道切開術 9 9 4
TESE 10 12 11
精巣固定術(精索捻転症) 0 1 3(1)
ESWL 85 85 83

所属医師紹介

上原  徹(うえはら とおる)

役  職 立川メディカルセンター常務理事
晴麗看護学校校長
主任医長
専門分野 泌尿器科一般・排尿機能障害・男性性機能障害
資  格 日本泌尿器科学会指導医
日本性機能学会専門医
卒業大学 新潟大学(S50年卒)

諏訪 通博(すわ みちひろ)

役  職 主任医長
専門分野 泌尿器科一般・腹腔鏡手術・腎移植
資  格 日本泌尿器学会指導医
日本泌尿器科学会日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
卒業大学 新潟大学(H8年卒)

石川 晶子(いしかわ しょうこ)

役  職 医員
専門分野 泌尿器科一般
資  格
卒業大学 新潟大学(H23年卒)