オープンシステムについて

登録医制度

登録医とは、当院と協定を結んだ医師会に所属している会員で、当院に対し登録医申請を行った開業医の先生です。協定医師会の会員のみ登録医の申請を行うことが可能です。登録医は開放型病床を利用し病院医師と共同で患者さんの治療にあたることや機器の共同利用、図書室の利用など病院の持つ医療資源を有効に活用していただくことができます。

協定医師会:長岡市医師会・小千谷市魚沼市川口町医師会・見附市南蒲原郡医師会

登録医になるための手続き

  1. 立川綜合病院院長宛「登録医申請書」を当院・医療連携室にご提出ください。
  2. 「立川綜合病院登録医通知書」により医師会側に通知し、医師会会長の認定を受けます。
  3. 病院は、認定された日付をもって登録医証を当該会員に発行します。
  4. 立川綜合病院オープンシステム登録が完了します。

※登録医の登録有効期間は2年とし、登録医本人からの辞退の申し出がない限り、自動更新いたします。年度途中でも随時登録申請が可能です。

開放型病床

開放型病床とは、登録医と当院の医師が共同で患者さんの治療にあたることができる病床です。当院では開放型病床を10床設け、登録医と当院主治医との継続した医療の実現とより効率的で質の高い治療を行います。
当院はセミオープンシステムを採用しており、患者さんが開放型病床を利用して入院した場合は、当院医師が主治医・登録医が副主治医として共同で治療(手術も含む)にあたります。

機器共同利用

機器共同利用とは、当院の持つ医療資源を地域の先生からも広く利用していただくことを目的に、主にCTやMRIなどの高度医療機器の共同利用を行っています。

機器共同利用が可能な検査

MRI(単純・造影) 頭部・脊椎・腹部・四肢など
CT(単純・造影) 頭部・頚部・胸部・腹部・四肢・CTangiographyなど
終夜睡眠ポリグラフィー(PSG検査)
RI 骨シンチ・Ga(腫瘍・炎症)シンチ
超音波検査 心エコー・頚部血管エコー
心電図・ホルター心電図
脳波検査
血圧脈波検査
呼吸機能検査