メディカルセンターとは

FACE to FACE

私たちは信頼の絆で結ばれたチーム医療に取り組んでいます。
若さと経験で培った技術を笑顔とともにお届けいたします。

立川メディカルセンターグループは、スタッフの熱意と真心、
そして最新の設備と体制で患者さん一人ひとりに満足していただける医療・福祉・介護の実現を目指しています。

「FACE to FACE」のこころで取り組む3つの約束

  • 共感
    患者さん一人ひとりに向き合い、
    真心のケアを行います。

  • 育成
    お互いに協力・研鑽し合い、
    質の高い医療スタッフを育てます。

  • チャレンジ
    より良い医療の実現に向け、
    常に新しい技術やサービスに
    取り組みます。

理念
私たちは患者さん一人ひとりに満足していただける医療を提供します。
目標
1.私達は患者さんが1日も早く家庭と社会に復帰できるよう真心で手伝いましょう。
2.私達は常にやさしく親切に致しましょう。
3.私達は勉強し自己の向上と病院の発展に役立ちましょう。
4.私達は明るくたくましく健康に注意し、お互いに信頼されるよう努めましょう。

立川メディカルセンター組織図

地域医療の中核病院としての役割を果たす医療体制

急性期医療/リハビリ/精神医療/予防・健診/介護/スタッフの育成あらゆるプロセスにおいて、地域の皆さまの健康な暮らしをバックアップします。

TACHIKAWA Medical Center 60th Anniversary

沿革

昭和21年 11月 立川醫院開業
昭和31年 8月 医療法人 立川病院開設(長岡市表町3丁目) 病床数:119床
昭和37年 12月 総合病院となる(医療法人 立川綜合病院)
昭和40年 3月 黒条診療所開設(長岡市下々条)
昭和43年 7月 新館竣工 心臓血圧センター開設 病床数:226床
昭和49年 5月 人工腎臓透析開始 人工腎臓台数:10台
昭和51年 3月 中越診療所開設(長岡市城岡) 人工腎臓台数:50台
昭和53年 4月 黒条診療所閉鎖、中越診療所で外来(内科)診療開始
昭和54年 7月 新病院着工(長岡市神田町3丁目2-11)
昭和56年 4月 新病院開設 病床数:423床
昭和58年 4月 表町病院開設(再開設) 病床数:110床
昭和60年 1月 立川綜合病院 CCU4床設置(4A病棟)
中越診療所(中越腎センター)新築移転(長岡市長町)ベッド数:50床
2月 立川綜合病院 腎臓移植開始
4月 柏崎厚生病院開設(柏崎市大字茨目) 病床数:140床
平成元年 4月 柏崎厚生病院160増床 病床数:300床
老人保健施設「米山爽風苑」開設 病床数:100床
平成4年 4月 晴麗看護学校開校
社会福祉法人 晴真会「米山自在館」開設
平成6年 6月 立川綜合病院 新館完成(南館)
9月 不妊体外受精センター開設
12月 老人保健施設 米山爽風苑50増床 病床数:150床
平成7年 4月 立川綜合病院100増床 病床数:529床
学校法人晴陵医療学園 晴陵リハビリテーション学院開校
理学療法学科:40名 作業療法学科:40名
平成8年 6月 法人名改新 医療法人立川メディカルセンター
11月 老人保健施設「石黒爽風苑」開設(高柳町石黒地区)病床数:40床
平成9年 7月 悠遊健康村病院開設 病床数:300床
老人保健施設「悠遊苑」開設 病床数:100床
平成12年 4月 痴呆老人グループホーム「米山五楽庵」竣工
平成13年 3月 老人保健施設「悠遊苑」50増床 病床数:150床
平成14年 4月 痴呆性高齢者グループホーム「晴遊庵」開設
5月 立川晴一理事長 逝去 立川信三理事長就任
平成18年 4月 立川綜合病院 消化器センター開設
柏崎厚生病院 外来棟新設
平成19年 4月 表町診療所廃止
平成20年 7月 多目的施設「きぼう」完成
平成21年 3月 立川綜合病院 ICU6床→7床 CCU 4床→6床
平成22年 1月 立川信三理事長 逝去  吉井新平理事長就任
平成28年 11月 新立川綜合病院 開院
立川醫院開業
立川醫院開業
新病院着工
新病院着工
中越診療所(中越腎センター)新築移転
中越診療所(中越腎センター)新築移転
柏崎厚生病院開設
柏崎厚生病院開設
法人名改新 医療法人立川メディカルセンター
法人名改新 医療法人立川メディカルセンター
悠遊健康村病院開設
悠遊健康村病院開設
柏崎厚生病院 外来棟新設
柏崎厚生病院 外来棟新設
新立川綜合病院 開院
新立川綜合病院 開院