臨床研修医

患者さんの安全を第一に考える医療とはどういうことか?指導医と共に実際の医療現場での経験を通して医師としてのベースを築くことのできるとても貴重な2年間です。ぜひ一度見学に来て頂ければと思います。研修医一同お待ちしております。

01 充実した設備と柔軟な研修プログラムで有意義な研修を 研修医 小山 究太郎
研修医 小山 究太郎

当院は2016年11月より新病院に移転しました。新しい病院では医局の個人机各々に電子カルテが配布され、病棟にもPCが多数配置されているため患者の情報はどこからでも空きを待つことなく知ることができます。それにより常に実際の患者を感じながら医療の知識を増やしていくことができます。もちろん、医者の基本はベッドサイドで患者を診ることです。当院では実際の患者を相手に研修医に必要な採血、ライン確保、挿管、エコー検査といった手技を行える機会は多くあります。また、救急外来では研修医が内科、外科、救急車搬送の患者を初期対応し、自分で鑑別疾患を考えながら検査、治療を進めていきます。不安になることは沢山ありますが、経験豊富な看護師や上級医がいつもアドバイスをくれて助けられながら現在も励んでいます。
研修プログラムは1年次に内科を中心に9か月ほどかけて回り、それ以降は選択必修の科目を回りながら自由に研修することができるため個人に合わせたプログラムが組みやすいです。
新しい病院になって活気のある当院で是非研修してみては如何でしょうか。

02 「やりたい!」の一言が充実した研修のキーワード 研修医 高野 世奈
研修医 佐久間 杏子

当院の研修プログラムの特徴は自由度が高いことです。1年目では内科系を中心に回りながら、選択必修として興味がある診療科や知識や技術を身につけておきたい診療科を組み込んでいます。自分で考えながら研修プログラムを組めるのは非常に魅力的ではないかと思います。
さらに当院では採血や静脈ラインの確保、皮下麻酔などの基本的な手技から、カテーテルや内視鏡、胸腔ドレーンの挿入など、様々な手技に挑戦する機会があります。指導医の先生方も熱心な先生ばかりで、丁寧に教えてくださいます。やる気次第で研修の充実度はどんどん増します。
また当院は2016年11月に新しい病院となり、外観・内装がきれいになっただけではなく、施設も充実しています。個人的な一番のオススメポイントは、各自に電子カルテが見られるノートパソコンが支給されていることです。仕事効率も上がりますし、興味のある症例の勉強もでき、有意義に時間を使うことができます。
まずは一度見学に来て、どんな病院なのか、そして私たちがどんな研修をしているのか、その目で確かめてみてはいかがでしょうか?皆さんにお会いできることを、心よりお待ちしております。

03 研修医のとある1日 研修医 佐久間 杏子
研修医 佐久間 杏子

整形外科の研修についてご紹介します。
毎朝カンファレンスから始まり、患者さんのレントゲンやCT、MRIの画像検討や、手術症例の検討を行います。画像読影が苦手だった私も、ここで少しずつ慣れていくことができました。
手術はほぼ毎日ありますが、患者さんの点滴ルートを確保するのは研修医の仕事です。手術の際は助手として参加し、手術の基礎や考え方を学び、様々な手技を経験することができます。
また、夕方にはリハビリカンファレンスが行われています。患者さんにあわせたADLの回復について、リハビリスタッフや看護師と連携を図っています。
それに加えて、整形外科の場合は救急外来での患者さんがとても多く、身近な怪我から緊急手術や処置の必要となるものまで、多くの症例に対応することとなります。
私は整形外科研修で、整形外科領域の疾患はもちろん、解剖や機能、身体診察、画像読影、救急疾患の対応、緊急性の有無の判断法、外科的手技・処置法、手術の楽しさを学びました。
丁寧で優しい先生方の指導の下、入院・治療からリハビリ、退院後も外来で患者さんの生活や社会復帰に関わり、患者さんが次第に笑顔を取り戻していく過程を間近に見て、自分も成長しながら、日々充実した研修を送っています。