病院長あいさつ

 

精神障害者や認知症老人の治療および療養を当院では行っていますが、わが国ではその人々の置かれている状況は、まだ十分充実しているとは言い難いといえます。それは治療方法の困難さはもとより、社会復帰にむけての諸施策が立ち遅れていることにも起因しています。

私たちはその現状をふまえつつ地域の精神科医療に率先して取り組んできました。精神科急性期治療病棟・療養病棟、認知症疾患治療病棟・療養病棟などの精神科包括病棟に加え一般内科病棟を持ち、さらに精神科デイケア、訪問看護ステーション、精神障害者社会復帰施設(生活訓練施設・福祉ホーム・グループホーム・共同住居)、認知症老人グループホームおよび併設の介護老人保健施設を整備してきました。同時に専門職としての医師、看護師はもとより約40名のPSW・OT・心理職を擁してより充実したサービスの提供に努めます。また臨床的な連携は立川メディカルセンターの各病院とも密接に行い、専門的な治療が必要な時にすぐ行えるのも特徴としています。さらに各種の研究も盛んで、大学との連携をしてこれまで当院に常勤した多くの医師が博士号を取得しています。

私たちはこれからも治療至上主義に陥ることなく、人権を尊重し社会で安心して生活できるよう、お手伝いをさせていただきたいと思います。

柏崎厚生病院
松田ひろし